大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう

医者

がんと免疫力の関係

免疫力の低下に注意

先生

免疫力の低下は様々な病気を発症させることになりますが、死を招く恐ろしい病気、がんも免疫力の低下が発症原因の1つとなっています。がんを発症させる、がん細胞は、どんな人でも、健康な人であっても毎日、体内で100万個くらい誕生しています。しかし、がん細胞を殺してしまう免疫細胞が人間の体内に存在していますので、大事に至らずに済んでいるのです。ただ、その免疫細胞は、時として働きが弱まってしまうことがありますので、がんを発症してしまうというわけです。免疫細胞の働きが弱まる原因は、いくつかあります。中には、克服できる原因もありますが、どうしても克服することができない原因が加齢です。従って、年齢を重ねるごとに、健康に留意した生活を心掛ける必要があるのです。

医療で免疫力を向上

医療において、免疫力をアップさせる方法もあります。それが、免疫細胞療法です。体内から免疫細胞を取り出して、体外で強化させ、体内に戻すというのが免疫細胞療法となります。もちろん、がんにも有効であり、がんの新しい治療法として免疫細胞療法は大いに注目されています。注目を集めている大きな理由は、体に優しい治療法だという点です。がんの現在の主流となる治療法は、どれも多かれ少なかれ体に負担がかかってしまう治療法です。しかし、免疫細胞療法の場合、元来、患者に備わっている免疫力を復活させることを目的とし、しかも使用するのは、あくまでも患者本人の免疫細胞ですから、極めて自然な状況であり、よって体への負担はなく、あったとしても僅かな負担でしかないのです。

Copyright © 2015 大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう All Rights Reserved.