大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう

医者

体にやさしい癌の治療法

免疫力を向上させる

医者

免疫細胞治療とは、癌に有効な治療法の1つです。癌細胞が増殖してしまう原因の1つが、免疫力の低下です。癌の発症率は加齢とともに高くなりますが、その理由となるのが、加齢とともに免疫力が低下してしまうからです。その低下した免疫力を向上させようというのが、免疫細胞治療の狙いとなります。具体的にどのようにするのかというと、まず癌患者から血液を採取します。その血液から、癌細胞に対して効力がある免疫細胞を取り出し、活性化させ、増殖させます。そして再び、癌患者の体内に戻せば終了です。免疫細胞治療は、一部の血液系の癌を除き有効だとされており、また、どの病気(ステージ)に対しても有効だとされています。但し、早期に治療を開始した方が、より高い効果が期待できます。

他と一線を画するメリット

免疫細胞治療のメリットは、その効果もさることながら、体に負担がかからない治療法だということです。癌の治療は現在、手術、抗癌剤治療、放射線治療の3つが代表的であり、これらは癌の3大療法と呼ばれていますが、いずれも体に負担がかかってしまう治療です。その点、免疫細胞治療は元来、患者自身に存在している免疫細胞を治療に使用していますから、理論上、体に負担がかかることはなく、実際、問題となるような大きな副作用の報告もないのです。命にかかわる癌という病気自体、恐怖ですが、体への負担が大きい癌治療にも恐怖を感じてしまうものです。まだ、免疫細胞治療は一般的ではありませんが、今後、一般的になれば、癌治療に対する恐怖に関しては薄れるはずですし、そうなれば、癌を克服する人も増えるはずです。

Copyright © 2015 大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう All Rights Reserved.