大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう

医者

がんの最先端治療

白衣の女性

抗がん剤治療や放射線治療でがんを治せるようになりましたが、抗がん剤治療や放射線治療は重い副作用が問題になります。がんの最先端治療のNK細胞療法は副作用が少なく、副作用の苦痛を感じずにがんを治すことができます。

Read More..>>

体にやさしい癌の治療法

医者

免疫細胞治療とは、免疫力向上を目的とした癌の治療法です。メリットは患者本人の免疫細胞を活性化、増殖させて使用しますので、体への負担がないことです。現在の代表的な癌治療は体に負担がかかりますので、癌だけではなく、治療にも恐怖を感じてしまいますが、免疫細胞治療が普及すれば、そういったことはなくなります。

Read More..>>

がんと免疫力の関係

先生

がんの発症原因の1つが免疫力の低下です。加齢に伴い免疫力は低下しますので、年齢を重ねるにつれ、健康に留意した生活を心掛けるべきです。ただ、医療で免疫力向上は可能であり、それが免疫細胞療法です。免疫細胞療法の最大の特徴は、がんの従来の治療法とは異なり、体に優しい治療法であることです。

Read More..>>

男女で急激に増加するがん

一般的な治療方法や負担の少ない治療方法まで知ることができます。大腸がんについて詳しく知りたいならこちらをチェック。

積極的な検査を

患者と医師

大腸がんは日本人が発症するがんの中でも急激に増加傾向にあり、特に女性に至っては大腸がんで亡くなる人が目立っています。大腸がんは大腸に腫瘍ができてしまうようになり、やがて腫瘍が大きくなったり転移をしてしまいます。昔と比べて増加してきた理由は、欧米化の食生活や高齢化の影響です。脂質の多い食事ががんを発症させやすかったり、それによって便秘体質になってしまい腸内環境を悪化させてしまうと指摘されています。何より症状に気付きにくいところがあるので、気づいた頃には末期だったという場合もよくあります。大腸がんは身近な病気となってきたことから、検査を積極的に受けていくのが効果的です。便替血検査でもいいですが、内視鏡を使った検査方法がより高確率です。便秘体質の人や、食生活が乱れていると疑いのある人は受けていた方がいいかもしれません。

進行具合による治療内容

大腸がんと診断されると、初期の場合であれば腫瘍も小さいので、内視鏡での切除が可能です。内視鏡による治療は大腸がん以外でも広く行われるようになり、何より肉体的なリスクを抑えていけます。しかし、腫瘍が大きい場合やいくつも存在する場合は、難しくなってしまいます。その場合は開腹手術が行われ、他の治療法も合わせて進められる場合も多いです。大腸がんは末期になってしまうと開腹手術が行われる場合は少なく、化学療法や放射線治療のみで状態を診ていくようになります。初期の状態であれば内視鏡の手術のみで終わるのですが、末期ともなるとここまで治療の形は違ってきます。ただし、化学療法や放射線治療でもがんの進行を遅らせてくれるので、期待のできる治療です。

Copyright © 2015 大腸がんに要注意|定期的に病院で検査をしよう All Rights Reserved.